初心者必見!ネイルサロンでジェルネイルの施術をしてもらう流れをご紹介

ネイルサロンでジェルネイルをしてもらいたいけれど、いまいち流れがわからずなかなかお店へ足を運ぶ勇気が出ない…という方も多いのではないでしょうか。そんなネイルサロン初心者さん必見!今回は、ネイルサロンでジェルネイルを施術してもらう場合の流れを一挙にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください♪

 

@まずはカウンセリング

ネイルサロンではじめに行うのは、カウンセリングです。名前や住所などの個人情報をはじめ、爪の悩みや気になること、どんなネイルをしたいのかといった部分をお店側に伝えるために必要になります。事前にカウンセリングをしっかりと行ったほうが、自分の希望通りの施術をしてもらいやすくなるため、思っていることやデザインのイメージ、指先のケアで気になることやわからないことなども相談することをおすすめします!

 

 

A指先の消毒、爪の長さや形を整える

カウンセリングが完了したら、次はジェルネイルをする前の事前準備に入ります。まず行うのが、指先の消毒と爪を整える作業です。しっかりと指先を消毒することで、ジェルネイルをした後のトラブルを回避しやすくなります。

 

その後、爪の長さや形を整えていきます。ジェルネイルの場合、自爪にジェルを塗るケースが多いです。そのため、ここでの作業がジェルネイルの仕上がりの大枠部分になります。
爪の長さやもちろんですが、爪の形も数種類があります。自然な丸みのある形のラウンドや、爪の先端部分が細めの「オーバル」、先端が丸みのある四角になってりいる「スクエアオフ」などが一般的であり人気も高いようです。さらに日常生活でどんな動きをするか、どんなイメージのネイルを楽しみたいのかなどを伝えておくのがベターです。
ネイリストさんと相談をしながら、長さや形を整えてもらいましょう。

 

B甘皮処理・サンディング

爪の形や長さ調整が完了したら、次は甘皮処理とプレパレーションの作業に入ります。これは、ジェルネイルの持ちをよくするために必要な工程です。
まず最初に、爪の根元にある甘皮を処理します。甘皮があると、根元からジェルが浮いてくる原因になる可能性があるためです。甘皮をしっかりと押し上げることでネイルの持ちは格段にアップしますよ♪

 

甘皮処理の後は、爪の表面に軽く傷をつけるサンディングをします。専用のやすりを使い、爪表面に細かい傷をつけることでジェルの密着度が高まりネイルの持ちがよくなる効果があるのです。せっかくのジェルネイルも、こういった下準備を適当にしてしまうと数日で浮いてきたり剥がれてしまったりということがあります。きれいな状態を長くキープさせるためにも、甘皮処理とサンディングはとても重要な工程といるでしょう。

 

Cカラー・アート

ネイルの下準備が完了したら、次はいよいよジェルネイルのメインであるカラーやアートの施術に入ります。カウンセリングでイメージを膨らませていたジェルネイルのデザインを基に、ネイリストさんと相談をしながらデザインを完成させていきましょう。

 

ジェルネイルはベースジェルを塗って硬化をしてからメインカラーを塗り、硬化。サイドにトップジェルを塗ってさらに硬化し、余分なジェルを拭き取ればツヤツヤな輝きのジェルネイルが完成♪

 

ネイルサロンによっては、ベースカラーとポイントカラー、アートとそれぞれのメニューごとに金額も変わります。パーツを1つ増やすたびに追加料金がかかるところも多いので、あらかじめ予算も伝えておくとその範囲内でできるデザインを提案してくれるでしょう。
ジェルネイル初心者さんは、わからないことのほうが多いと思いますので、気になることがあればその都度ネイリストさんに質問をして疑問を解決するようにすると安心できるはず!

 

D仕上げのケア

ジェルネイルの施術が完了したら、最後にキューティクルオイルなどで指先をマッサージしつつケアしていきます。指先は乾燥がしやすく、その乾燥によってネイルが浮いてきてしまうことも。ここでのケアはもちろんですが、自宅でも爪が乾燥しないようにとケアをするよう言われる可能性が高いです。
しかし、ネイル初心者さんは自宅でのセルフケアが難易度が高めです。そんなときはネイルサロンでもネイルケアの方法を教えてもらえますので、安心ですね!仕上げのケアまで完了したら、ジェルネイルの完成です♪

 

アイネイルズ

 

流れを把握したら早速ネイルサロンへGO!

ネイルサロンでジェルネイルをしてもらう場合の流れはお店によって多少は異なりますが、今回ご紹介した流れが一般的といえるでしょう。まずはカウンセリングをして、その後は事前準備をします。事前準備が完了したらカラーやアートをして最後に仕上げのケアとう流れです。
ネイル初心者さんもこの一連の流れを把握しておけば、安心してネイルサロン通いができるのではないでしょうか。ジェルネイルの流れを把握できたら、早速ネイルサロンの予約を入れてみてくださいね。

爪が伸びてもOK!美しさが長持ちしやすいおすすめのネイルデザイン5選♪

ネイルを楽しむ際、いつまでも美しい状態をキープしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、爪は毎日少しずつ伸びます。爪が伸びると、根元部分とネイルの境目ができてしまいデザインによってはせっかくネイルをしていてもなんだか格好悪い状態に……。
そんな状態を回避したい方におすすめなのが、爪が伸びても根元部分があまり目立たず、美しいカラーやアートを長く楽しめるデザインです!今回は、爪が伸びてもOKな、美しさが長持ちするネイルデザインを5つご紹介します♪

 

@シンプル派さんにおすすめの【クリアネイル】

爪が伸びても美しい状態をキープしたい方におすすめなのがクリアネイルです。色がつかないクリアカラーのネイルなら、爪が伸びても根元が気になりません!ベースカラーをクリアにして、先端部分や中心部分にカラーを乗せたりアートを施したりすることで、シンプルながらも存在感のあるネイルデザインを楽しむことができますよ♪
ツヤのあるクリアカラーならナチュラルな印象に、ツヤを消したマットなクリアカラーならすりガラスのような質感になりオシャレ度もアップします!
さらにクリアネイルは派手すぎず清潔感も感じられるデザインが多いため、実は男性ウケがとても良いとされています。好感度高めのネイルをしたい!という方にもおすすめですよ♪

 

 

A上品な指先を演出できる【フレンチネイル】

爪が細長く見えて、上品なイメージを与えられるフレンチネイル。実はこのフレンチネイルもおすすめデザインの1つです。
ベースをクリアカラーや肌馴染みが良いカラーにすることで、爪が伸びても境目が目立ちにくくきれいな指先の状態をキープできます。
フレンチネイルの場合は、女性らしさが際立つデザインが多いのが特徴です。根元との境目が目立たないデザインをあえてチョイスして「いつでも指先がきれいな人」というイメージを演出しちゃいましょう!

 

 

Bカラーもデザインも豊富な【グラデーションネイル】

「ネイルをしている感」があり、なおかつ爪が伸びても根元との境目が目立ちにくいのがグラデーションネイルです。グラデーションネイルは、一番根元の部分をクリアカラーか肌馴染みの良いカラーにするのがポイント!
そこから上はラメグラデーションにしたり、カラーグラデーションなどお好きなでデザインを楽しめるのも魅力です♪アートをする際も、根元部分は避けて中央から先端部分にすることで、爪が伸びても違和感なくきれいな状態をキープすることができます。
あまりシンプルすぎるネイルでは満足できないという方や、きれいなグラデーションを長く楽しみたいという方におすすめのデザインです。

 

 

 

Cラフなデザインが可愛い【塗りかけネイル】

人気芸能人がしたことで流行し出した塗りかけネイルは、あえてネイルを塗りかけにしてラフ感を出すのがポイント!爪の根元部分をクリアカラーか肌馴染みの良いカラーにすれば、フレンチネイルと同様爪が伸びても目立ちにくくきれいな仕上がりの状態をキープしやすくなります。塗りかけアートの部分は好きなカラーを選ぶことができるので、デザインに制限がかかることもありません♪
また塗りかけネイルはセルフでも簡単にできるのが魅力のデザインです。セルフネイルをしてみたいけれど、爪が伸びてきれいな状態をキープできなさそう…と不安な方はぜひ塗りかけネイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

D肌馴染みが抜群のナチュラルな【ベージュネイル】

爪が伸びても根元との境目を目立たなくするには、肌馴染みの良いベージュカラーをベースに使ったネイルデザインもおすすめです。クリアカラーよりは少し境目が目立ってしまう可能性がありますが、他のカラーを根元に塗るよりはベージュカラーを塗ったほうが境目は目立たないといえるでしょう。少し透け感のあるベージュカラーを使うと、より目立ちにくくなります。
肌馴染みの良いベージュカラーは、派手なネイルができない社会人の方にもおすすめです。シンプルですが指がとてもきれいに見えるカラーでもあるので、男性ウケも抜群!女性らしくて清潔感のある指先を演出することができますよ♪もちろん爪の中央部分から先端にかけては他のカラーやアートを施してもOKなので、好きなデザインを楽しめます。

 

美しさ長持ちのネイルで指先美人になろう!

爪が伸びても根元との境目が目立ちにくいネイルは、爪が伸びたときのことを想定してカラーやアートを施すことが大切です。セルフネイルであれば、根元はクリアカラーをチョイスするのが失敗しにくいのがおすすめ!
ネイルサロンで施術をしてもらう場合は、爪が伸びても目立ちにくいデザインにしたいと事前にネイリストさんに相談しておくのがベストでしょう。より最適なデザインやカラーを提案してもらえますよ。いつでもきれいなネイルをキープできる指先美人を目指しましょう♪